敷金ゼロの物件だと退去時に負担が増える理由

敷金ゼロは負担がいっぱい!?借りる際の注意事項まとめ

敷金ゼロはお得?まずは敷金について知ろう!

「敷金ゼロの物件」はタダという条件だけを見るとすごくお得に感じると思いますが、中には家賃料金が高く設定されていたり、その他費用が必要だったり…などのデメリットがたくさんあるようです。 そこで今回は、敷金ゼロのデメリットについて解説しています。

敷金ゼロはデメリットがいっぱい!?

賃貸物件で引っ越しする時には、何かとお金がかかるものです。できれば初期費用をなんとか抑えたい…と思っていたその時「敷金ゼロ物件」に目がくらむのではないでしょうか。もし普通に敷金を払うとなると、大体家賃1~2カ月分を払わなくてはいけません。そんな中、敷金なしの方が得するかもしれません。
しかしそれと同時にデメリットもあるのです。敷金の説明と同時に解説します。

「敷金」とは、物件を借りるときに出てくる初期費用の1つであり、大家さんと契約するために担保として預けるお金のことです。これを掛けておけば、もし何かしらの不注意で部屋を汚したり、壊したりした際に、次の人に物件を貸すことが可能な状態にするための費用として使われるのです。
要するに前払いで物件を退去した後に、管理会社が物件の状態を確認して、物件を借りた人が負担する費用を精算します。そして残ったお金が戻ってくる仕組みになっているのです。

ではこれが敷金ゼロとなるとどうなるのでしょう?もちろん退去時のクリーニング代と修繕費用は全額自己負担ですし、ましては通常の家賃価格より高く設定されているのです。
ですが、その物件は長く入居者がいない状況の場合が多いので、その時には物件を貸してもらう大家さんに「礼金」を払う必要がありません。

昔からの慣習として大家さんに挨拶代わりとして渡す礼金を渡さなくてもいいと同時に、退去時には費用の負担が増えてしまいます。損しないためには、その物件について一度調べてみるといいでしょう。

おすすめリンク

何故敷金ゼロなのか?その理由を解説します

物件を借りる際には初期費用として敷金が必要となってきますが、もし敷金ゼロの物件あったら、前払いしなくてもいいのでその時は嬉しいと思いますよね。でも何故敷金ゼロの物件があるのだろうと疑問に感じることもあるでしょう。 今回は敷金ゼロの物件がある理由と選ぶ際のポイントについて解説していきます。

礼金とは何か?敷金との違い

よく敷金とセットで言われることが多い「礼金」は、敷金と同じく初期費用として使われるお金です。しかし、意味はそれぞれ異なるようです。 そこで今回は、礼金の意味と敷金との違いについて解説しています。知らないと損をするかもしれませんので、これを機に覚えてみましょう。