敷金ゼロの物件だと退去時に負担が増える理由

>

敷金ゼロはお得?まずは敷金について知ろう!

退去時に費用が多くかかる

通常敷金ありの物件だと退去時、日常生活で発生した壁の傷や汚れなどにかかる修繕費は主に大家さんが負担することになっていますが、敷金ゼロ物件には借りた人がそれらを全額支払わなくてはいけません。入居時は安くても、退去時の費用が多くなると結局敷金を払うのと大して変わらないのです。場合によっては敷金よりも高くつくことがあるので要注意です。

また、短期退去の場合でも違約金が発生することがあります。例えば部屋を中途解約する時などです。もし1年以上住むのなら問題はありませんが、短期で引っ越す予定があるのなら短期解約による違約金に注意しましょう。ちなみに違約金については契約書に書かれていますので、必ず確認するように。

家賃が相場より高いことも

敷金ゼロの物件は、家賃を相場より高めに設定している場合があります。だいたい1~3万ほど上乗せされている場合が多いです。そのため相場よりも1万円高かったとしたら、年間で多く家賃を払うこととなります。正しい相場は分かりにくいものですが、この家賃は高そうだなと感じた時には、敷金ゼロと比較してから契約するようにしましょう。

さらには家賃滞納時の対応が通常よりも厳しいことがあります。敷金がない分取り立ては厳しく、中には鍵を付け替えられるケースもあるようです。もし入院などで家賃の支払いが遅れてしまう際には、早めに事情を話してトラブルを防ぎましょう。

長く住めば住むほど逆に損をしてしまうこともあるので、家賃に関しては特に気をつけるべきです。