敷金ゼロの物件だと退去時に負担が増える理由

>

礼金とは何か?敷金との違い

礼金とは?

「礼金」とは、賃貸物件に入居する際に発生する初期費用の一つです。主に部屋を貸してくれた大家さんに対して、感謝の気持ちとしてお金を渡します。
事の始まりは、住宅が不足していた時代に生まれた慣習といわれています。そんな中にもかかわらず部屋を貸してくれる大家さんに、「ありがとう」の意味を込めてお金を渡していました。また遠い学校に通いながら一人暮らしする子供のことを「お願いします」という意味合いを込めて贈られていたこともありました。

しかし「敷金」とは違い、一度渡したら退去時にお金が戻ってくることはありません。もし礼金を抑えようと思ったらまずは、契約時に値引き交渉するか礼金なしの物件を選ぶしかありません。

現在は礼金なしの物件が増えている

昔と比べて現在の賃貸物件は余ることが多いといわれるほど、すっかり変わり果ててしまいました。そんな中、大家さんに礼金を渡すという慣習は今も残り続けているようですが、「敷金ゼロの物件」だと礼金なしの条件がほとんどです。
何故なら公的融資(公庫融資、年金融資、財形融資、地方自治体融資)を用いて建てられた賃貸物件では、礼金を貰ってはならないという決まりがあるので、払う必要はないのです。

では、まとめとして礼金と敷金について振り返ると。

「敷金」は部屋の担保として渡す費用で、退去時に返ってくるお金です。
「礼金」は大家さんへのお礼として渡す費用で、退去時に返ってこないお金です。

お得な物件探しをするためにはこれらの違いについて、しっかりとおさえておきましょう。